Webサイトやホームページ制作におけるデザイン構成はとても重要です。デザインが少し違うだけでその印象はかなり変わります。企業のブランドイメージに沿ったもので、尚かつユーザーを引きつけることができているか、また企業理念やコンセプトとずれていないかなども考える必要があるのです。

Webサイトにおけるデザインの重要性

ユーザーがサイトを訪れた際にすぐ目にするのは、そのデザインではないでしょうか。もちろんコンテンツも重要ですが、特に初めて見たユーザーに対しては、第一印象でいかにその印象を与えられるかがとても大切です。見た目のインパクトも大事ですが、自分が求めているものがこのサイトにあるのかというのも、デザインで判断される場合が多いです。優れたデザインであれば、ユーザーの滞在時間も長くなり、次の閲覧にもつながります。まさにWebサイトのデザインは企業の顔とも言える要素であり、自社を映し出す姿なのです。

デザイン制作で大切なこと

デザイン構成を考える上でまず始めに行うことは、そのイメージを具体的に整理することです。それが明確でなければ、仕上がりもぶれたものになってしまいます。デザインから考えてしまうと、自社のコンセプトから離れてしまい、自社らしさというものが薄れてしまう場合があります。そのため、まずコンテンツを含めたサイトのコンセプトや自社のあり方を踏まえて、ユーザーに伝えたいことやどのような印象を持ってもらいたいかなどを具体的にすることが大切なのです。
またデザイン制作においても、ユーザー視点に立ち、見やすくて使いやすいと感じられるものであるかどうか考慮することも忘れてはなりません。

デザイン制作はデザイナーに任せることでイメージ通りに

 イメージが具体的になってきたら、サイトのカラーイメージや画像、レイアウトなどの詳細を決めていきます。しかし、これらを自分で考案していくのは判断がつかないこともあり、とても大変な作業となります。やはり、イメージ通りに仕上げる為にもデザイナーに任せるのが安心で、効率的です。デザイナーであれば、クライアントのイメージやユーザーからの視点を踏まえ、マーケティング戦略も交えて提案をしていきます。そのため、実際にサイト公開後の影響も期待できるのです。

まとめ

Webサイトのデザインは企業の姿を映し出す重要な要素です。より優れたデザインを追求するためにも、デザイナーに相談することを検討してみてはいかがでしょうか。弊社では豊富な実績と経験から、お客様に寄り添い、イメージに合わせたものをご提案させていただきます。ぜひどんなことでもお気軽にご相談ください。

セミナー情報

企業のホームページ担当者様必見のお得な情報を講座でお伝えしております。


セミナー詳細へ

PAGE TOP