ホームページを作ったのはいいけれど、なかなかお問合せに繋がらない、といった悩みをよく耳にします。ホームページを作るだけで集客が伸びるなら簡単ですが、それを実現出来ている企業は多くはないのです。ですが、それに成功している企業もあります。その多くは、アクセス解析を利用しているのです。

アクセス解析にはどのようなものがあるのか

アクセス解析を行うために、解析ツールが必要になります。一口に解析ツールといっても多種多様なツールがあるのです。代表的な解析ツールはGoogleアナリティクスがあげられます。無料でありながら、機能も充実しているため、アクセス解析ツールとして最も普及しているツールです。他にも様々なアクセス解析ツールがあります。無料のものから有料のものまでありますが、機能も変わってきます。必要な機能にあった解析ツールを選ぶとよいでしょう。

 

アクセス解析で自社のホームページの現状を知る

ホームページを作っただけでは、なかなか集客に繋がりません。ですが、どうして集客に繋がらないのか、それが分からなければホームページの改善も出来ないではないでしょうか。自社のホームページのどこに問題があるのか、それを探るカギになるのがアクセス解析です。
アクセス解析を導入すると、自社のホームページにどういったサイトや広告から人が来ているか、サイトに滞在している時間はどれぐらいか、そのベージに対して資料請求や商品購入などのアクションを起こした人はどれぐらいいるか、といったデータを知る事が出来るのです。それを分析する事で、アクセス自体が少ないのか、またはアクセスしてもらってもすぐに移動されてしまうのか、など自社のホームページの課題点を割り出す事が出来ます。

アクセス解析でお問合せに繋がるホームページに

自社のホームページにアクセスしているユーザーの行動を知る事で、どうホームページを改善すればいいのかを把握することが出来ます。どんなサイトから人が流れてきているのかが分かれば、広告を出すWEBサイトを効率的に選ぶ事が出来ますし、サイトの滞在時間が短ければ、お客様の興味を引く工夫が足りない、という事になるので、それを改善していけばいいのです。
このように、集客に繋がるホームページを作成するには、アクセス解析が欠かせません。アクセス解析をしなければ、自社のホームページのどこに問題があって集客に繋がらないのかが分からないでしょう。アクセス解析データを分析する事で、改善点を見つける事が出来るのです。
このアクセス解析サービスは、様々な業者が提供しています。それぞれの特徴を把握し、自社のホームページの改善に役立つアクセス解析サービスを選択しましょう。

まとめ

ホームページを作りっ放しでは、なかなか効率的な集客には繋がりません。常に自社のホームページの現状を把握し、改善していく姿勢が必要なのです。それに役立つのがアクセス解析です。アクセス解析なくして、効果的なホームページの改善は難しいと言えるでしょう。貴社でも、ぜひアクセス解析を導入してみてください。

セミナー情報

企業のホームページ担当者様必見のお得な情報を講座でお伝えしております。


セミナー詳細へ

PAGE TOP