企業ホームページに限らず、「どんな情報が載っているか」が最も重要です。言わば、ホームページの「核=コンテンツ」。
どうすれば魅力的なコンテンツになるのか、企業ホームページの管理を担当している方にとって、目下の課題ともいえるのではないでしょうか。
デザイン・機能・集客力、どれも企業のホームページが欠かすことができない要素ですが、これらの要素は、コンテンツが充実していなければ活かされません。企業ホームページにおけるコンテンツの重要性と、選ばれるコンテンツ作りとは何かについて、より具体的に踏み込んだ情報を紹介します。

企業ホームページの「コンテンツとは何か」と「その役割」について

  企業ホームページのコンテンツとは、掲載されている情報のことです。つまり、ホームページの「会社紹介」「商品紹介」「サービス紹介」「アクセス」などにあたります。デザイン性で目を引くトップページを製作したとしても、そこにコンテンツがなければ、ホームページへアクセスした意味がありません。お客さまコンテンツから、企業の商品やサービスを知り、商品の購入やサービスの利用を検討するのです。そのため、コンテンツの役割とは、サイトへアクセスしたお客さまを、企業利益へ結びつけることにあるといえるでしょう。

コンテンツにお客さまの「メリット」を提示する

企業ホームページにアクセスするお客さまは、すでに企業への興味を持っています。その目的は、コンテンツから企業を知ることにあります。ですが、コンテンツの情報量が少ない、更新がまったく行われない、これではお客さまもすぐにブラウザをバックしてしまうでしょう。コンテンツ制作の上で重要なのは、自社のサービスをアピールするだけではなく、「自社のサービスを利用することで、お客様にとってこのようなメリットがある」と、具体的に盛り込むことが大切です。これにより、ホームページでの集客率が格段にアップします。

イラストや写真を盛り込んだデザインやレイアウトでコンテンツを「見える化」

コンテンツを充実させるだけではなく、視覚で把握できるようなデザインやレイアウトを工夫することが大切です。イラストや写真を盛り込むことで、見やすさや、理解のしやすさが格段に上がります。つまり、コンテンツを閲覧したお客さまが、より内容を咀嚼しやすい形にするのです。良質なコンテンツは、どれほど内容を盛り込もうともお客さまには伝わりません。工夫し、コンテンツの「見える化」を図ります。こうすることで、企業の商品・サービス、それぞれのメリットがしっかりと伝わるため、さらなる利益へつながるのです。

まとめ

企業ホームページの核はコンテンツと言っても過言ではありません。充実したコンテンツを前提に、お客さまがメリットをイメージしやすい様「見える化」することで、より内容を理解してもらうことを意識することが重要となってきます。企業ホームページでは、このようなポイントを踏まえ、コンテンツ制作に取り組むといいでしょう。

セミナー情報

企業のホームページ担当者様必見のお得な情報を講座でお伝えしております。


セミナー詳細へ

PAGE TOP